© 谷町空庭 All rights reserved.

20167/22

竹パウダー(藤原竹工房さん) 機械&畑 見学会

 

竹を竹専用の機械で粉砕した竹パウダーが、農業の現場などで利用されつつあります。

放置竹林も広がる今、竹をなんとか活用できないかと生まれた技術であり、竹の子の産地 貝塚市木積でも、「藤原竹工房」さんという竹の子農家さんが、機械を導入され、竹パウダーをつくられ販売され、周辺の農家さんも畑の土壌改良として利用されたりしています。

①竹パウダーの乳酸菌と酵素が土壌の微生物が活性化し、作物の根張りを元気にします。

竹は肥料分をほとんど含みません。
肥料分の代わりに、乳酸菌と酵素、微生物の力で作物を甘く、大きく育てます。竹は、細かくすり潰す事によって内部のデンプンと酵素が混じり合い、すぐに乳酸菌発酵を始めます。竹チップではこれは起こりません。竹パウダーのみの特徴です。

②隙間なく敷き詰められた竹パウダーは土壌の乾燥を防ぎ、保湿、保温します。これは、ポット苗やプランター栽培に非常に効果的です。  など。

竹パウダーの製造や、竹パウダーの畑への利用などを考えておられる方はどなたでもどうぞ。

7月22日(金)10時30分 貝塚市 水間観音駅 集合
車の方も観音駅集合 乗合
藤原竹工房さんの工房へ。機械等見学。
竹パウダーを使う農家さんの畑見学
おいしいランチのお店があるとのことでそこでランチして竹パウダーの活用や応用の話をみなでシェアをして終了(13時30分ころ終了予定)

参加費 300円 ランチ実費

この記事は良かったですか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


9/ 23 エコパートナーシップ交流会 

9/ 23  エコパートナーシップ交流会  でお話しをさせていただきます。 よろしければ! …

高千穂郷食べる通信来阪!「高千穂をしゃべる!&食べる!」

こんにちは! 宮崎県高千穂郷からきました、「高千穂郷食べる通信」編集長の板倉です。 宮崎県高千穂郷が好きスギて「高千穂郷食べる通…

里芋ホリディ

4月1日(土)! いつもぐりぐりマルシェに出店されている、大阪府岬町の「やさいの里」さんにうかがい、里芋やその他野菜を収穫し、美味…

自然栽培のぶどうをそだてるラコリーヌさんをたずねよう

たま~にしております、ぐりぐりマルシェに出店くださっている農家さんを訪ねちゃう企画。 9月3日(土)に、大阪府太子町にて、自然…

STEP HARVEST vol.6

6月25日(日曜日)は半年に一度の恒例、、 農×食×手×人×音がまじりあう、 「 STEP HARVEST」@BIG STE…

ページ上部へ戻る